透明封筒の特徴

透明封筒にはいろいろな特徴がありますが、ビニール封筒と比較できるものには紙封筒があり、ビニール封筒は紙封筒に比べると衝撃に強く、中身を最後まで保護することができるという特徴があります。

透明封筒はプラスチックのフィルムでできているため、水を通さないという特徴があります。
そのため雨の日でも封筒自体が濡れても中身に影響を与える心配はなく、封をしっかり閉じていれば何も問題はありません。
また透明封筒自体も多少の雨に濡れても大丈夫ですが、紙封筒の場合は大雨に濡れてしまえばそれ自体が破けてしまう恐れもあり、多少の雨でも元の姿に戻ることができなくなる可能性の方が高くなっています。
封筒自体が元の姿でいられないということは、当然中に入れたものを守ることはできませんが、その点透明封筒であれば、開封するまで中にいれた商品や書類をしっかりと守ることができることになります。

また透明封筒は防湿性にも優れていて、紙封筒であれば湿気のある場所に長く保管していくことで、中身に悪影響を与える可能性が高くなりますが、それを透明封筒に入れておけば、中身を湿気からも守ることができることになります。
また透明封筒には紙封筒のように印刷ができないと思っている人も多いようですが、透明封筒にも文字やデザインは自由に入れられるようになっていて、さらに透明封筒自体に色を付けることもできるので、そのままでは安っぽく見えてしまうかもしれませんが、色やデザインを施すことより、封筒自体に高級感を持たせることもできるようになっています。