透明封筒の製造工程

透明封筒を製造する場合は、専用の機械で作ることになりますが、どんなに透明封筒の需要が高くなってきているとはいえ、そのような機械は市販されているものではなく、オーダーメイドで専門の機械製造会社に造ってもらうことになります。

したがって透明封筒を製造している会社によって機械の大きさや性能や値段はまちまちで、透明封筒を製造する工程も異なることになりますが、一般的に透明封筒の材料になるフィルムを機械にセットすることは、工程の第一段階となっています。
原料になるフィルムは最初はロール状になっていて、巨大なロール状のフィルムを人間の手で機械にセットします。
フィルムのセットは完了したら、今度は制作したい透明封筒の縦と横の幅の長さを機械に入力して、作動させればあとは自動で機械が透明封筒を製造してくれるようになっています。

透明封筒にはいろいろな大きさのものがありますが、基本的な袋は1台の機械で作れるようになっていて、あまりにも大きなサイズや小さなサイズの封筒は作れない場合もありますが、機械で作ることができるサイズには結構幅があるので、特注すればいろいろな大きさの透明封筒が選べるようになっています。
また透明封筒にはテープ付もものやフック付などのオプション加工が必要なものも多く、オプション加工は1台の機械できるものもあれば、また別の専用機械が必要になる場合もあります。